投稿者:

公開シンポジウム 「コーパスから始まる例文作り」

おかげさまで、公開シンポジウム 「コーパスから始まる例文作り」は約100名の参加者にご来場いただきました。

どうもありがとうございました!

また、レジュメに不備があったことをお詫び申し上げます。

以下、PDFファイルを用意いたしました。

※(2016/3/24) 3/23に掲載したレジュメに関して不備がありました。アップロードしなおしましたので、そちらを御覧ください。

コーパスを使った例文作りのための研究をどう進めるか(中俣尚己)
状況・場合を表す表現(堀内仁)
様子・予想・傾向を表す表現(太田陽子)
時を表す表現(建石始)
日本語教育の世界を表す語彙と表現―日本語教育学専攻の修士論文データベースからわかること―(石黒圭)


 

 

毎年、本研究会の恒例イベントとなりつつある公開シンポジウム、第3回にあたる今回は「例文作り」に焦点を当てます!

入場無料・申し込み不要です。

ぜひぜひ、お誘い合わせの上、ご参加下さい。

【日時・場所】

日時:平成26年3月21日(月・祝), 13時~16時

場所:聖心女子大学 1号館 400号室

(東京メトロ日比谷線 広尾駅から 徒歩3分) アクセスはこちら

【趣旨】

このシンポジウムでは授業で欠かせない「例文」の作り方を科学的に探求します。コーパスの整備により、これまで直感ではわからなかった情報がわかるようになりました。多くの情報をまとめることで、単なる頻度や共起語リストを超えた、提示のあり方が浮かび上がってきます。今回は中上級以降のアカデミックな文章に出現する項目群に焦点を当て、コーパスを活用した成果を発表します。効果的な例文作りについて、議論を深めましょう。

 

【プログラム】

基調講演Ⅰ

13:00~
「コーパスを活用した例文作りのための研究をどう進めるか」
中俣尚己(京都教育大学)

(13:40~ 休憩)

パネル発表

13:50~

  • 「様子・予想・傾向を表す表現」太田陽子(一橋大学)
  • 「状況・場合を表す表現」堀内仁(国際教養大学)
  • 「時を表す表現」建石始(神戸女学院大学)

(14:50~ 休憩)

基調講演Ⅱ

15:00~
「日本語教育の世界を表す語彙と表現―日本語教育学専攻の修士論文データベースからわかること―
」石黒圭(国立国語研究所)

15:40~ 全体討論

総合司会:森篤嗣(帝塚山大学)

【資料など】

●以下は、本シンポジウム宣伝用のチラシです。配布は自由です。関心のある方は、各機関に掲示して頂けると嬉しいです。

公開シンポジウムフライヤー(PDFファイル)

※今後も、シリーズ「現場で役立つ日本語教育研究」の刊行に合わせ、継続的にシンポジウムを企画しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

※何かお尋ねになりたいことがありましたら、下記のフォームをお使いください。京都教育大学の中俣が対応します。

 

投稿者:

論文集シリーズ「現場に役立つ日本語教育研究」の刊行が始まりました!

本プロジェクトの成果として、くろしお出版より論文集シリーズ「現場に役立つ日本語教育研究」シリーズ(シリーズ監修:山内博之、全6巻)が刊行されます。

その第1弾 『データに基づく文法シラバス』(庵功雄・山内博之編)はすでに5月に出版され、お求め頂くことができます。

2014年2月の公開シンポジウムの内容を元にした本で、様々なデータを駆使して、科学的にシラバスを構築することを試みた一冊です。

データ化可能な、ありとあらゆる観点を用意しました。詳しい内容は下記の通り。

 

まえがき/ 庵功雄

第1章 日本語学的知見から見た初級シラバス / 庵功雄

第2章 日本語学的知見から見た中上級シラバス / 庵功雄

第3章 話し言葉コーパスから見た文法シラバス / 山内博之

第4章 書き言葉コーパスから見た文法シラバス / 橋本直幸

第5章 出現頻度から見た文法シラバス / 岩田一成・小西円

第6章 生産性から見た文法シラバス / 中俣尚己

第7章 教師から見た文法シラバス / 渡部倫子

第8章 学習者から見た文法シラバス / 劉志偉

第9章 初級総合教科書から見た文法シラバス / 田中祐輔

第10章日本語能力試験から見た文法シラバス / 森篤嗣

第11章 類義表現から見た文法シラバス / 建石始

第12章 対照言語学的知見から見た文法シラバス / 高恩淑
あとがき / 山内博之

 

さらに!2016年には

  • 第2巻 ニーズを踏まえた語彙シラバス(森篤嗣編)
  • 第5巻 コーパスから始まる例文作り(中俣尚己編)

が刊行予定! 9月に締切があるので、執筆者一同頑張っています。

そして、その後には、

  • 第3巻 わかりやすく書ける文章シラバス(石黒圭編)
  • 第4巻 自由に話せる会話シラバス(俵山雄司編)
  • 第6巻 語から始まる教材作り(岩田一成編)

といったラインナップが控えております。これらもお楽しみに!

投稿者:

公開シンポジウム 「シラバス作成を科学にする-日本語教育に役立つ多面的な語彙シラバスの作成-」

2016/2/24 たくさんのご来場ありがとうございました!

会場に、革手袋の忘れ物がございました。お心当たりの方は、会場の国立国語研究所までお尋ね下さい。

2016/2/20 予稿集をアップロードしました。下記リンクからダウンロードできます。
20150222_goi.pdf (3.51MB)

2014/12/15 要旨を加筆しました。

本プロジェクトの成果として、下記の通り公開シンポジウムを行います。

ぜひぜひ、お誘い合わせの上、ご参加下さい。

【日時・場所】

日時:平成27年2月22日(日), 10時~16時30分 (9時30分開場)

場所:国立国語研究所

(JR中央線立川より 多摩モノレールで1駅 高松駅下車徒歩7分) アクセスはこちら

【趣旨】

このシンポジウムではシラバス作成を「科学」にすることを目指します。構造シラバスに場面シラバス、話題シラバスなど、様々なシラバスに基づいて日本語教科書は作成されます。そのとき、提出される語彙の選択や順序は、どういった根拠に基づいているのでしょうか。本シンポジウムでは、新しい語彙シラバス構築の方法の提案と、データに基づいた対象者別の語彙シラバスの提案をおこないます。多面的・客観的にシラバスを眺めるという新たな挑戦です。これによって、理想の語彙シラバスの姿を見極め、同時に、シラバス作成を科学にするための方法を模索します。

【プログラム】

●講演

  • 10:00~12:00 「語彙シラバスと文章理解」   (石黒圭/一橋大学)
    文章理解は内容理解であり、内容理解を支えているのは語彙です。語彙は分野ごとに偏りが見られる一方、分野が重なると共通した語彙が用いられるため、分野の偏りや重なりを反映した語彙シラバスがあれば、文章理解教育が効率的になります。しかし、語彙シラバス自体はリストにすぎず、学習者が語彙の知識を文章理解に適用する方法を知らないと、語彙シラバスを文章理解教育に生かすのは困難です。本講演では、その方法を、①語形の把握、②意味の把握、③機能の把握、の三つの観点から論じます。

(12:00~13:00) 昼休憩

●パネル発表

  • 13:00~13:40 「語彙密度から見た語彙シラバス」 (佐野大樹/グーグル株式会社)
    語彙の”難易度”をどのように捉えるかは、語彙シラバスを作成するうえで重要な項目です。多くの場合、”難易度”は専門家の経験や語彙の頻度などにもとづいて捉えられますが、本講演ではテクストの書き言葉らしさ・話し言葉らしさをあらわす指標「語彙密度」を用いて捉えます。『現代日本語書き言葉均衡コーパス』を用いてある語が使用されるテキストの語彙密度の平均値を求めることで、語彙のどのような傾向が見えてくるか紹介していきます。
  • 13:40~14:20 「外国につながる子どもたちのための語彙シラバス」
    (中石ゆうこ/広島市立大学・建石始/神戸女学院大学)
    「外国につながる」児童・生徒は、学校教育の現場において教科の学習だけでなく日本語の学習も同時に必要であることが多く、教科の内容以外にもつまずきが起こりやすいと考えられます。そのつまずきへの対処方法の一つとして、現場の教師が指導の際に配慮すべき語彙の指針を示すために、外国人児童・生徒にとって指導が必要となる語彙リストの作成を我々は目指しています。今回の発表ではその基礎的な資料の一つとして、ある小学校に在籍する3年生児童の指導記録およびBCCWJの教科書コーパスを用いて、実際に指導が必要であった語とそれらの語に共通する特徴を明らかにします。

(14:20~14:40) 休憩

  • 14:40~15:20 「子どもを持つ外国人のための語彙シラバス」  (森篤嗣/帝塚山大学)
    本研究では、保育園と保護者の間で交わされる連絡帳、小学校における学校配布物という2種類のデータを分析します。この2種類のデータに対し、 BCCWJ を参照コーパスとして比較することにより、連絡帳と学校配布物の語彙の特徴を明らかにして、子どもを持つ外国人にとってどのような語彙シラバスが必要であるかについて、具体的な提案をおこないます。
  • 15:20~16:00 「日本語学習者から見た語彙シラバス」  (劉志偉/首都大学東京)
    外国人学習者、とりわけ中国語を母語とする日本語学習者にとってカタカナ語の学習が難しいということは、日本語教育関係者ならば誰しも が持っている漠然とした共通認識でしょう。本発表は、音韻論や音声学といった論理的な枠にとらわれず、発表者自らが記し続けてきた十数年分の学習メモを手 がかりに、上級以上の学習者でも「耳で聞いたカタカナ語は日本語母語話者のように再現できない」という現象に焦点を当て、その理由を探ります。
  • 16:00~16:30  全体ディスカッション

【資料など】

●以下は、本シンポジウム宣伝用のチラシです。配布は自由です。関心のある方は、各機関に掲示して頂けると嬉しいです。

20150222語彙シラバスシンポジウム(PDFファイル)

【関連情報】

前日、2月21日(土)には日本語教育講演会「語彙読解システムの開発―日本語教育における多読―」が開催されます。
ぜひ合わせてご参加ください。

投稿者:

国立国語研究所日本語教育研究・情報センター主催 日本語教育講演会 「語彙読解システムの開発 ― 日本語教育における多読―」

国立国語研究所日本語教育研究・情報センター主催で
「語彙読解システムの開発 ― 日本語教育における多読―」
と題して講演会を行います。

詳細は下記の通りです。ぜひお越しください。

日時・場所

日時: 2015 年2 月21 日(土) 13:00~ 16:30 ( 開場12:30)
場所: 国立国語研究所 講堂

趣旨

英語教育においては、「めざせ100 万語! 」という標語とともに多読が完全に
定着し、一般の書店でも、いわゆる多読本やペーパーバックが置かれることが
多くなっている。このような英語教育における多読の成果を、日本語教育にも、
ぜひとも取り入れたいが、英語教育と日本語教育とでは、学習者数や学習者の
母語と目標言語との関係などが大きく異なっており、まったく同じシステムを
構築できるとは限らない。現在でも、英語教育と同じような方式の多読が、す
でに日本語教育に取り入れられてはいるが、それだけで十分である保証はない。
本講演会においては、日本語教育における望ましい読解活動のあり方を探り、
現在の英語教育の多読とは異なる「語彙読解システム」の構築を提案する。

プログラム

    • 基調講演「語彙読解システムの開発- 日本語教育における多読- 」
      山内博之( 実践女子大学)

 

  • 講演「語彙読解と日本語教育的単語解析」 岩田一成( 聖心女子大学)
  • 講演「語彙読解における読み物の話題」 橋本直幸( 福岡女子大学)
  • 講演「語彙読解における読み物の執筆」 栁田直美( 一橋大学)
  • 講演「語彙読解におけるビジュアルシャドーイング」中山誠一( 実践女子大学)

※ファイルなど

ちらしをダウンロードする(pdfファイル)

※関連情報

翌日2月22日(日)には国立国語研究所領域指定型共同研究プロジェクト
「学習者コーパスから見た習得難易度に基づく語彙・文法シラバスの開発」
主催による公開シンポジウム「シラバス作成を科学にする―日本語教育に役立つ多面的な語彙シラバスの作成―」を開催します。合わせてお越しください。

投稿者:

今後の予定

国立国語研究所領域指定型共同研究プロジェクト「学習者コーパスから見た日本語習得の難易度に基づく語彙・文法シラバスの構築」は2014年9月を持って終了しますが、
「データに基づいた日本語教育のための語彙・文法研究会」は今後も活動を続けます。

今後の予定

  • 12月26日(金)  岡山大学サテライトキャンパス にて例文作り班会議
  • 12月27日(土)  聖心女子大学 にて定例研究会
  • 2月下旬 教材作りシンポジウム
  • 2月下旬 シンポジウム「語彙シラバスを科学にする」

2015年より 論文集シリーズを刊行予定

投稿者:

第14回研究会 平成26年8月30日 (土) 13:00~18:00 於国立国語研究所

1.   開催期日

平成26年8月30日(土), 13時~18時

2.   開催場所

国立国語研究所

3.   発表者氏名・発表テーマ

建石始(神戸女学院大学 准教授):類義表現から見た文法シラバス」

本研究ではまず,類義表現を扱ったテキスト,参考書,文法解説書をもとに,初級文型に関する類義表現の一覧を示す。次に,それらのテキスト,参考書,文法 解説書において,当該の類義表現の解説にどのぐらいの文字数が使われているのかを算出する。最終的には,その文字数などを手がかりにして,類義表現から見 た初級の文法シラバスを提案したい。

 

森篤嗣(帝塚山大学 准教授):「子どもを持つ外国人のための語彙シラバスの提案に向けて

本研究では,保育園と保護者の間で交わされる連絡帳,小学校における学校配布物という2種類のデータを分析する。この2種類のデータに対し, BCCWJ を参照コーパスとして比較することにより,連絡帳と学校配布物の語彙の特徴を明らかにし,子どもを持つ外国人にとってどのような語彙シラバスが必要である かについて提案する。

松田真希子(金沢大学 准教授):「理工系語彙シラバスの構築に向けて

本研究では,理工系語彙シラバスの構築に向け,初級日本語教科書コーパスと理工系テキストコーパスのコロケーションの重なりを明らかにすると共に,今後理 工系日本語学習者が日本語を習得するための語彙シラバスの構築にあたり,どのような指標が,どのような語彙シラバスの構築に有効なのかについて検討を行 う。

太田陽子(相模女子大学 准教授):「様子・予想・傾向を表す表現のコンテクストとコロケーション―例文づくりに役立つ文法記述のための基礎研究

本研究では,現行の中・上級レベルで扱われる,様子・予想・傾向を表す類義的な表現を取り上げ,主に BCCWJ を用いて,それぞれが「どんな場面・文体・ジャンル」において,「どのような語とともに」用いられるのかといった観点からの分析を試みる。従来の「基本的 意味」の比較とは異なる類義語分析を行うことにより,学習者の産出 / 理解を助け,教師の教室活動の参考となる文法記述のために必要な情報について検討していきたい。

投稿者:

第13回研究会 平成26年6月28日 (土) 13:00~18:00 於国立国語研究所

1.   開催期日

平成26年6月28日(土), 13時~18時

2.   開催場所

国立国語研究所

3.   発表者氏名・発表テーマ

渡部倫子(広島大学 准教授):日本語母語話者の主観判定による初級文法項目の必要度 ―教師経験の有無による相違―」

本研究は,日本語母語話者の主観判定 (直観) によって,初級教科書から抽出した文法項目の必要度を明らかにすることを目的とする。また,主観判定に影響を与える要因のうち,教師経験の有無に焦点を当て,初級文法項目の必要度と生産性の関係について検討する。

 

佐野大樹(NICTユニバーサルコミュニケーション研究所 研究員):「語彙密度から見た語彙シラバス構築に向けて

選択体系機能言語理論 (システミック理論) では,テクストの書き言葉らしさ・話し言葉らしさを示す指標のひとつとしてLexical Density (語彙密度) という概念を用いる。語彙密度は,テクスト中の内容語 (lexical item) の数を節 (clause) の数で除算した値で,一つの節にどの程度の情報が詰め込まれているか (information packing) その程度をあらわすものである。一般的に,語彙密度が高いものほど書き言葉らしく (情報の詰め込みが多く) ,低いものほど話し言葉らしい (文法的には複雑な) テクストとなる傾向がある。本発表では,まず『現代日本語書き言葉均衡コーパス』 (BCCWJ) 中のテクストの語彙密度を求め,次に,ある語彙が使用されるテクストの語彙密度の平均値と分散を計測することで,そこから語彙のどのような特徴が見出せる か紹介する。

田中祐輔(東洋大学 専任講師):「既存教科書から見た語彙シラバス

本研究は,既存教科書の視座から語彙シラバスの過去と現在を明らかにし,今後の在り方についての議論に必要不可欠なこれまでの歩みに関する基礎的資料を提 示するものである。そのために,戦後日本語教育の準全数調査を用いて,主要初級日本語教科書が,いかなる「語彙」を,どのような形で取り扱ってきたのかに ついて明らかにする。

橋本直幸(福岡女子大学 専任講師):「話題別語彙シラバス作成のための基礎研究 ―「話題」の定義について―

『実践日本語教育スタンダード』 (山内 (編) 2014) では,言語活動と言語素材を結びつけるために,100種類の話題を設定し,コーパスから抽出した特徴語を中心とした話題別の語彙・構文リストを作成した。 本発表では,話題に基づく語彙シラバスの研究をすすめるための軸となる「話題」という概念について,これまでの先行研究で扱われた「話題」の概念や具体例 を概観するとともに,客観的な「話題」の定義づけを試みる。